J.S.バッハ:小フーガ ト短調 BWV578

主題の美しさから、バッハのオルガン曲のなかでももっとも有名な作品です。管弦楽の編曲によっても広く知られています。

フーガとは日本語では遁走曲(とんそうきょく)といい音楽形式の一つで、ひとつの主題(メロディ)が次々に追いかけ、または絡み合いながら演奏する様式の曲のことです。

X JAPAN メジャーデビューアルバム「BLUE BLOOD」に収録されている「ROSE OF PAIN」はこの曲がモチーフとなっています。

J.S.バッハ:小フーガ ト短調 BWV578

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
バッハ:オルガン名曲集
ヘルムート・リリング(オルガン)

JAZZで聴く バッハ
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
オルガンの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。