J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番 BWV1068より “G線上のアリア”

管弦楽組曲は18世紀前半頃にドイツを中心として盛んに作曲された管弦楽合奏による組曲です。バッハには今日よく知られるものに4つの組曲があり、どの曲も美しい旋律で満ちあふれています。

G線上のアリア」は「管弦楽組曲第3番」の第2曲の「アリア」のことで、ヴァイオリンのG線だけで弾けるようにアレンジされたためこの名称になりました。

G線上のアリアの魅力は美しい旋律と、同時にベースの下降する旋律でしょう。

J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番より “G線上のアリア”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
G線上のアリア
長谷川陽子(チェロ)

JAZZで聴く バッハ
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
豊穣なワインの味・管弦楽曲ベスト30
BGMに最適なクラシック




コメントは受け付けていません。