ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番「大公」

ピアノ三重奏曲第7番は、ルドルフ大公に献呈されたため、「大公」の愛称で親しまれています。曲は優雅さと堂々とした気品に満ちており、まさに「大公」として相応しいもので、ピアノ三重奏団には必須のレパートリーとなっています。

ルドルフ大公はベートーヴェンの生涯を通してのパトロンであり、そしてピアノの弟子でもありました。ルドルフ大公はアマチュア・ピアニストとしては腕が良かったようで、ヴァイオリン・ソナタ第10番の初演も行っています。作曲者と献呈先との身分を越えた芸術的なつながりが深かったようです。

ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番「大公」

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第7番<大公>
スーク・トリオ


😯 関連リンク
気軽に聴こう・ソロ&室内楽ベスト30




 




コメントは受け付けていません。