ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より“女心の歌”

ヴェルディは19世紀を代表するイタリアのオペラ作曲家。代表作には「ナブッコ」、「リゴレット」、「椿姫」、「アイーダ」などがあります。中でも「リゴレット」はヴェルディの出世作となったオペラで、聴きどころの曲が全編に散りばめられているオペラです。

ストーリーは、老道化師リゴレットが娘をたぶらかした色男マントヴァ公爵に、復讐しようと雇った殺し屋に、結局は娘を殺されてしまうという悲劇です。

この「女心の歌」は第3幕でマントヴァ公爵が歌うアリアです。「風の中の羽のようにいつも変わる女心・・」と歌うこのアリアは、メロディを聴くと誰でもどこかで1度は聴いたことがあるくらい有名なアリアです。

歌劇「リゴレット」より“女心の歌”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」全曲
マリア・カラス


😯 関連リンク
はまると虜になる・オペラ名曲ベスト30
心に響く・声楽曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。