シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」より“セレナード”

シューベルトの「白鳥の歌」は、シューベルトの遺作となる歌曲集です。3人の詩人(レルシュタープ、ハイネ、ザイデル)による14の歌曲からなっていますが、シューベルト自身が編んだ「美しき水車小屋の娘」、「冬の旅」とは異なり、「白鳥の歌」はシューベルトの死後に出版社や友人たちがまとめたものです。

この「セレナード」はレルシュタープの詩によるもので、シューベルトの歌曲の中で最も有名なものの一つです。恋人に対する切々たる思いを、マンドリンを模した伴奏の上に歌いあげています。

「セレナード」は恋人や女性に愛を訴えるために演奏される曲ですが、数多いセレナードの中でも特に美しくセレナードの代表的な名曲です。

シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」より“セレナード”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」
ヘルマン・プライ


😯 関連リンク
心に響く・声楽曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。