ベートーヴェン:ロマンス 第2番へ長調 作品50

ベートーヴェンが1798年に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための小曲。穏やかでやさしい旋律に心洗われるヴァイオリンの名曲です。

この曲の冒頭のメロディはだれでも、一度はどこかで耳にしたことがあると思います。その旋律の美しさによってさまざまに編曲されています。

作曲順ではロマンス第1番ト長調より「第2番」の方が先です。旋律の際立った美しさからも一般には「第2番」の方がより広く親しまれています。

ベートーヴェン:ロマンス 第2番へ長調 作品50

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲、ロマンス第1番&第2番
フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン)

😀 JAZZで聴くベートーヴェン
JAZZで聴く ベートーヴェン
トーマス・ハーデン・トリオ







コメントは受け付けていません。