ダウランド:涙のパヴァーヌ

ジョン・ダウランドは、ルネッサンス時代のイングランドの作曲家、リュート奏者です。主にリュートの独奏曲や合奏による舞曲、リュート付きの世俗歌曲の分野で数多くの作品を残しました。

中でもダウランドの名を有名にしたのはリュート独奏のための作品「涙のパヴァーヌ」です。1600年にこの曲に歌詞をのせて発表した「流れよ、わが涙」は、当時のヨーロッパで大流行したといわれています。

現在では「涙のパヴァーヌ」はリュート、ギターなどで演奏されることが多く、優雅で哀愁ある美しいメロディが広く愛好され続けています。

ダウランド:涙のパヴァーヌ

AmazonでCDを見る


😯 関連リンク
眠れないときのクラシック
お葬式のときのクラシック
クラシックギターの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。