モーツァルト:ディヴェルティメント第17番より第3楽章「メヌエット」 K.334

ディヴェルティメント第17番ニ長調K.334は、モーツァルトが1779年に作曲した管弦楽用のディヴェルティメントです。ディヴェルティメントとは18世紀中頃に現れた、明るく軽妙で楽しい雰囲気の器楽曲のことです。日本語では嬉遊曲(きゆうきょく)と訳されています。

このディヴェルティメント第17番は全部で20数曲あるモーツァルトのディヴェルティメントの中でも最もよく知られている曲です。明るく美しい旋律に富み、流麗や優雅でパリ風の華やかさもある上品な作品です。

全体で6楽章ありますが、特によく知られているのが第3楽章のメヌエットです。このメヌエットは「モーツァルトのメヌエット」とも呼ばれ、ヴァイオリン独奏や弦楽合奏などでよく演奏されています。

モーツァルト:ディヴェルティメント第17番より第3楽章「メヌエット」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
モーツァルト:ディヴェルティメント第17番・第1番
ウィーン室内合奏団


😯 関連リンク
豊穣なワインの味・管弦楽曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。