グリーグ:組曲「ペール・ギュント」より“ソルヴェイグの歌”

グリーグは1843年生まれのノルウェーの作曲家。「ペール・ギュント」作品23は、イプセンが書いた戯曲「ペール・ギュント」のためにグリーグが作曲した劇付随音楽です。
組曲「ペール・ギュント」は劇音楽の中から8曲が選び出されて管弦楽のために、4曲ずつ第1組曲、第2組曲として改変されました。
【第一組曲】
第1曲「朝」
第2曲「オーセの死」
第3曲「アニトラの踊り」
第4曲「山の魔王の宮殿にて」
【第一組曲】
第1曲「イングリッドの嘆き」
第2曲「アラビアの踊り」
第3曲「ペール・ギュントの帰郷」
第4曲「ソルヴェイグの歌

どの曲もノルウェーの民族音楽を感じさせる美しいメロディの名曲ぞろいなのですが、その中でも特に「朝」(朝の気分)、「山の魔王の宮殿にて」、「ソルヴェイグの歌」はよく知られています。

組曲「ペール・ギュント」より“ソルヴェイグの歌”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
グリーグ:ペール・ギュント組曲、ホルベルク組曲&抒情組曲
ノルウェー放送管弦楽団

JAZZで聴く・・・アダージョ
トーマス・ハーデン・トリオ







コメントは受け付けていません。