ヴェルディの名曲ベスト

ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ
Giuseppe Fortunino Francesco Verdi(1813- 1901)
ヴェルディ

歌劇 「アイーダ」より”凱旋行進曲”

歌劇「アイーダ」は、ヴェルディが作曲したオペラの中でも特に人気が高く、すべてのオペラの中でも演奏された回数が最も多い作品です。この「凱旋行進曲」は日本ではサッカーの応援歌としてもよく知られています。


歌劇「椿姫」より”第1幕への前奏曲”

歌劇「椿姫」はヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つです。第1幕への前奏曲はヴィオレッタの運命を暗示するような哀愁をおびた美しい曲です。


歌劇「椿姫」より“乾杯の歌”

歌劇「椿姫」はヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つに数えられています。この「乾杯の歌」は第1幕に歌われる有名なアリアです。


歌劇「椿姫」より”ああ、そはかの人か~花から花へ~“

この「ああ、そはかの人か~花から花へ~」は第1幕の終わりにヴィオレッタが歌う有名なアリアです。レチタティーヴォで即興風に歌われていく、「ああ、そはかの人か」。続いて、軽快なワルツのリズムに乗って有名な「花から花へ」がコロラトゥーラで華やかに歌われます。


歌劇「リゴレット」より“女心の歌”

この「女心の歌」は第3幕でマントヴァ公爵が歌うアリアです。「風の中の羽のようにいつも変わる女心・・」と歌うこのアリアは、メロディを聴くと誰でもどこかで1度は聴いたことがあるくらい有名なアリアです。


歌劇「ナブッコ」より”行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って”

歌劇「ナブッコ」はヴェルディが作曲した全4幕のオペラです。第3幕で歌われるこの合唱曲はヘブライ人たちが祖国への想いを歌う合唱曲で、この感動的な歌はイタリアの第2の国歌とされています。


歌劇「イル・トロヴァトーレ」より“アンヴィル・コーラス”(鍛冶屋の合唱)

「アンヴィル・コーラス」と呼ばれている鍛冶屋の合唱はジブシーの男たちが鍛冶仕事で金床(英語でAnvil アンヴィル)をリズムよくハンマーで叩きながら歌う陽気な歌で親しまれています。


歌劇「運命の力」序曲

この序曲は、金管の強烈な吹奏にはじまり、劇中に出てくる旋律を巧みに用いながら、迫り来る悲劇を予感させるかのような、ヴェルディ中でも最も有名な序曲となっています。


レクイエムより「怒りの日」

このレクイエムは「最も華麗なレクイエム」と言われ、モーツァルト、フォーレのレクイエムと並んで「三大レクイエム」と言われています。特にディエス・イレ「怒りの日」はレクイエム中で最も有名で、ディエス・イレの後もクイド・スム・ミゼルの前、ラクリモサの前、リベラ・メの後でも再現されます。




コメントは受け付けていません。