ヘンデル:「王宮の花火の音楽」より”序曲”

ヘンデルの「王宮の花火の音楽」は、「水上の音楽」と並んでよく知られている祝典音楽です。1748年にオーストリア継承戦争終結のために開かれた祝典のために作曲されました。

曲は「序曲」、「ブレー」、「平和」、「歓喜」、「メヌエットI」、「メヌエットII」の5楽章で構成されています。花火が打ち上げられる前に演奏される「序曲」は、祝典曲にふさわしく勇壮で華麗です。

曲は野外での勇壮な響きを出すため管楽器と打楽器の大編成で、その数はオーボエ24、ファゴット12、ホルン9、トランペット9、ティンパニ3がそれぞれ指定されています。

ヘンデル:「王宮の花火の音楽」より”序曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽
オルフェウス室内管弦楽団


😯 関連リンク
ウエディング・クラシック
元気が出るクラシック




 




コメントは受け付けていません。