ヴェルディ:歌劇「椿姫」より“乾杯の歌”

ヴェルディは19世紀を代表するイタリアのオペラの作曲家です。歌劇「椿姫」はヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つに数えられています。「椿姫」の原題は「道を踏み外した女」を意味するLa traviata(ラ・トラヴィアータ)ですが、そのタイトルで上演されることが多い。

「椿姫」の舞台は19世紀半ばのパリで、社交界の人気者である高級娼婦ヴィオレッタと、青年貴族アルフレードの純愛を描いています。二人は一度結ばれますがアルフレードの父に反対されて別れ、最後に再会するもののヴィオレッタは結核で死ぬ、という悲恋の物語です。

この「乾杯の歌」は第1幕に歌われるアリアで、パーティでヴィオレッタとアルフレードが初めて出会う場面の歌です。アルフレードはグラスを片手に情熱的に歌い、そこにヴィオレッタが加わり、一同も加わって華やかに歌います。

ヴェルディ:歌劇「椿姫」より“乾杯の歌”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
マリア・カラス


😯 関連リンク
はまると虜になる・オペラ名曲ベスト30
心に響く・声楽曲ベスト30
クラシックが好きになるクラシック
ウエディング・クラシック
元気が出るクラシック
クラシックの合唱曲ベスト20




 




コメントは受け付けていません。