ヴェルディ:歌劇 「アイーダ」より”凱旋行進曲”

ヴェルディは19世紀を代表するイタリアのオペラの作曲家です。歌劇「アイーダ」は、ヴェルディが作曲したオペラの中でも特に人気が高く、すべてのオペラの中でも演奏された回数が最も多い作品です。

歌劇「アイーダ」は、ファラオ時代のエジプトとエチオピアの2つの国に引裂かれた男女の悲恋を描いたオペラで、この「凱旋行進曲」は、第2幕第2場で、戦いに勝利した将軍ラダメスの凱旋帰国シーンで演奏されます。

「アイーダ」は大規模な編成の作品で、バレエ・合唱なども含めて登場人数は数百人に上ることもあります。オーケストラも、舞台上と地下にバンダが入り、また「アイーダ・トランペット」といわれる管の長い独自のトランペットが使われています。

曲はトランペットのファンファーレと弦楽の掛け合いで始まり、それに混声合唱が加わってクライマックスを迎えます。日本ではサッカーの応援歌としてもよく知られています。

ヴェルディ:歌劇 「アイーダ」より”凱旋行進曲”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
ヴェルディ:歌劇「アイーダ」全曲
マリア・カラス


😯 関連リンク
はまると虜になる・オペラ名曲ベスト30
心に響く・声楽曲ベスト30
元気が出るクラシック
トランペットの名曲ベスト
クラシックの行進曲ベスト20
クラシックの合唱曲ベスト20




 

コメントは受け付けていません。