J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番 BWV1042

ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV 1042はヨハン・ゼバスティアン・バッハが残した3曲のヴァイオリン協奏曲のうちの1曲です。3曲とも傑作ぞろいですが、特にこの第2番が一番有名でよく演奏されます。

この曲はのちにチェンバロ協奏曲ニ長調 BWV1054に編曲されています。チェンバロ協奏曲として演奏される機会は少ないのですが、チェンバロの奏法が存分に取り入れられ、独自の魅力を持っています。

ヴァイオリン協奏曲の第1番と第2番はヴァイオリン学習者が古典演奏の基礎や奏法を習得する上で欠かせない作品になっています。曲は明るい曲で祝典的な喜びに満ちています。

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番 BWV1042

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番
ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)






コメントは受け付けていません。