ブラームス:弦楽六重奏曲第1番より第2楽章

弦楽六重奏曲第1番変ロ長調作品18はブラームスが1860年に27歳の年に作曲した作品です。この弦楽六重奏曲はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロがそれぞれ二挺という特殊な編成の作品です。ブラームスはこの特殊な編成による作品を2曲作曲していますが、なかでも有名なのがこの第1番の第2楽章です。

この第2楽章の主題と変奏はブラームス自身も気に入っていたようで、のちにピアノ独奏用に編曲し、敬愛するクララ・シューマンにプレゼントしています。この曲は若きブラームスの情熱と瑞々しい感性が溢れ、伸びやかな旋律によって歌われるロマンティックな旋律は一度聴くと忘れられません。ルイ・マル監督のフランス映画「恋人たち」に用いられ有名になりました。

ブラームス:弦楽六重奏曲第1番より第2楽章

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ブラームス:弦楽六重奏曲第1番&第2番
アマデウス弦楽四重奏団


😯 関連リンク
「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト
鳥肌が立つクラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。