J.S.バッハ:シチリアーノ

この曲の原題はフルートとチェンバロのためのソナタ第2番変ホ長調BWV.1031 より第2楽章 です。しかし、このシチリアーノの作曲者は本当にJ.S.バッハかどうかは不確かのようです。現在のところは、バッハの息子のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ (1714~1788)の作ではないかとも言われています。

「シチリアーノ」はフランス語で「シシリエンヌ」、またイタリア語で「シチリアーナ」「シチリアーノ」といわれるこの曲は、ゆるやかな8分の6拍子か8分の12拍子のイタリアのシチリア島起源の舞曲のことです。

他に、シチリアーナとして有名なのは、レスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲の第3曲やフォーレのシシリエンヌ作品78があります。このバッハの作とされるシチリアーノはゆったりと流れるメロディの美しさから、フルートの名曲として愛されています。

J.S.バッハ:シチリアーノ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
バッハ:フルート・ソナタ集
オーレル・ニコレ&カール・リヒター

JAZZで聴く バッハ
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
フルートの名曲ベスト
「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。