フランク:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調

セザール・フランクは1822年生まれのベルギー出身のフランスで活躍した作曲家です。フランクといえば交響曲ニ短調が有名ですが、このソナタもフランクが残した最も優れた作品で、ヴァイオリン・ソナタの中でも最高傑作の一つといわれています。

1886年フランク64歳の時に作曲され、同郷の名バイオリニストのイザイの結婚を祝って作曲され献呈されました。4楽章からなり、フランクが得意としたいくつかの動機によって全曲を統一する循環形式で作曲されています。中でも第4楽章特に有名で、幻想的で夢の中にいるような美しいフレーズです。

名曲ゆえ、さまざまな編曲版があり、ピアノ独奏用、フルート・ソナタ版、チェロ・ソナタ版、ピアノ・パートがオーケストラに編曲されたコンチェルト版などあり、頻繁に演奏されています。

ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第4楽章

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
フランク/ヴァイオリン・ソナタイ長調
オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)


😯 関連リンク
鳥肌が立つクラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。