モーツァルト:ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K.412

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残していまが、すべて彼の年上の友人であるホルンの名手であったロイドゲープのために作曲しています。4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。

このホルン協奏曲第1番はホルン協奏曲第3番とともに大変人気があり、小学校の音楽鑑賞教材にもなっています。また、「いきなり!黄金伝説」のBGMとしても使われています。

この4つのホルン協奏曲はバルブのないナチュラルホルンのために作曲されています。そのため音階や半音階は、ハンドストッピング(右手の操作)を行なうために音色のムラが生じるため、「ハンドストッピングによる音色のムラを生かして作曲されている」と言われています。

モーツァルト:ホルン協奏曲第1番

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ホルン協奏曲集第1番・第2番・第3番・第4番
ヘルマン・バウマン(ホルン)


😯 関連リンク
2倍楽しめる・協奏曲ベスト30
ホルンの名曲ベスト
「春を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。