モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 ロ長調 K.595

モーツァルトは生涯27曲のピアノ協奏曲を作曲しましたが、最後の作品がこの第27番K.595で、モーツァルトが35歳で神に召される1791年の 1月作曲されています。モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも人気が高い作品の一つです。

この頃は莫大な借金に追われ、もうすでに3年以上も予約演奏会を開くことが出来ずにいたモーツァルトは、宮廷料理人ヤーン邸において開かれた、親しい友人であったクラリネット奏者ベーアによる演奏会に出演させてもらいこのピアノ協奏曲を演奏しました。

この日の演奏会がモーツァルトにとって、演奏家としてのモーツァルト最後のステージとなっています。曲はあたかも遠い天のかなたから聞こえてくる神秘性な調べを感じさせる作品です。

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番&27番
ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ) フィルハーモニア管弦楽団



 




コメントは受け付けていません。