モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543

モーツァルト晩年の円熟期の傑作として知られる第39番、第40番、第41番の交響曲はモーツァルトの「3大交響曲」と呼ばれています。

この「3大交響曲」は1788年のひと夏のわずか数週間のうちに書き上げられています。しかも、この3つの交響曲は、どれも最高傑作であるばかりでなく、互いに異なる個性を持っていて、モーツァルトを代表する作品となっています。

この交響曲第39番には「白鳥の歌」という俗称がつけられています。最後の3つの交響曲の中では最も明るく優美でエレガントなこの作品は、まさに「白鳥の歌」という言葉に最も相応しい作品です。

モーツァルト:交響曲第39番

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」、第39番
カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。