モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調 K.385 「ハフナー」

モーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」は、1782年にハフナー家のためにモーツァルトが作曲した交響曲です。この交響曲以降の6つの交響曲(第37番を除く)は「モーツァルトの6大交響曲」とも呼ばれ、モーツァルトの交響曲のなかでも特に人気が高い曲です。

「ハフナー」とはザルツブルクの大富豪の姓であり、モーツァルトがハフナー家のために作曲した作品は2曲あります。2曲ともにセレナードですが、1曲目は1776年作曲されたセレナード第7番K.250「ハフナー・セレナード」と呼ばれ親しまれているものです。2曲目のセレナードはその6年後の1782年に作曲されています。ハフナー家が貴族になったことへの祝賀用のセレナードでしたが、オリジナル・フォームのセレナードはメヌエット1曲が散逸しています。

モーツァルト:交響曲第35番 「ハフナー」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:「ハフナー」「リンツ」&「ジュピター」
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。