プッチーニの名曲ベスト

ジャコモ・プッチーニ
Giacomo Puccini(1858-1924)
プッチーニ

歌劇「トスカ」より“星は光りぬ”

歌劇「トスカ」は、歌姫トスカと画家カヴァラドッシの悲恋の物語です。この「星は光りぬ」は第3幕で、間もなく銃殺される画家カヴァラドッシ(テノール)が、明け方の星にトスカとの愛を想い、泣きながら歌う有名なアリアです。


歌劇「トスカ」より”歌に生き、愛に生き“

歌劇「トスカ」は、歌姫トスカと画家カヴァラドッシの悲恋の物語です。この「歌に生き、愛に生き」は第2幕で、間もなく銃殺される画家カヴァラドッシ(テノール)が、明け方の星にトスカとの愛を想い、泣きながら歌うトスカのなかでもっとも有名なアリアです。


歌劇「蝶々夫人」より ”ある晴れた日に“

「蝶々夫人」(マダマ・バタフライ)は日本が舞台ということもありプッチーニの作品の中では日本人に最もなじみの深い作品です。特に、第2幕のアリア「ある晴れた日に」は大変に有名です。伝説のソプラノ歌手、マリア・カラスもこのアリアを十八番としていました。


歌劇「ラ・ボエーム」より” 私の名はミミ“

「私の名はミミ」はミミが自分のことを歌うアリアで、ソプラノ・リリコの有名なアリアです。「皆は私のことをミミと呼ぶけれど、本名はルチア。お針子をしていて、教会にはあまり行かないが、いつも神様に祈っています。と歌います。


歌劇「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父さん”

「ジャンニ・スキッキ」は、プッチーニの作曲した全1幕のオペラです。「私のお父さん」は、このオペラ中でヒロインのラウレッタが歌うアリアで、頑固な父ジャンニ・スキッキに、恋人との結婚を許してほしいと愛らしく訴えます。


歌劇「トゥーランドット」より”誰も寝てはならぬ”

「トゥーランドット」は昔の北京を舞台にしたオペラです。第3幕のカラフのアリア「誰も寝てはならぬ」は、勝利への思いとトゥーランドット姫への愛を熱烈に歌い上げるテノールの名アリアとして最も人気のある曲です。




コメントは受け付けていません。