プッチーニ:歌劇「トスカ」より“星は光りぬ”

ジャコモ・プッチーニは1858年生まれのイタリアの作曲家。代表作のオペラ「トスカ」、「蝶々夫人」、「ラ・ボエーム」などがよく上演されています。中でも「トスカ」は古今のオペラの代名詞的な存在で、20世紀最大のオペラ歌手とされているマリア・カラスはトスカを何度も演じています。

歌劇「トスカ」は、歌姫トスカと画家カヴァラドッシの悲恋の物語です。この「星は光りぬ」は第3幕で、間もなく銃殺される画家カヴァラドッシ(テノール)が、明け方の星にトスカとの愛を想い、泣きながら歌う有名なアリアです。この他に「歌に生き、恋に生き」などがよく知られています。

また、この曲はフィギュアスケートの定番曲でもあり、今までに織田信成、エヴァン・ライサチェク、エフゲニー・プルシェンコなどがプログラムとして使用しています。

プッチーニ:歌劇「トスカ」より“星は光りぬ”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
全集
マリオ・デル・モナコ(テノール)


😯 関連リンク
はまると虜になる・オペラ名曲ベスト30
心に響く・声楽曲ベスト30




 

コメントは受け付けていません。