フランク:交響曲 ニ短調

フランクは1822年生まれのベルギー出身、フランスで活躍した作曲家。この交響曲ニ短調作品48は、フランクの代表的な作品で、19世紀後半における最も重要な交響曲のひとつです。

循環形式(2つ以上の楽章で、同じ主題、旋律を使用して曲全体の統一を図る)による堅固な構成で、主要な主題が全楽章に現れます。フランスの代表的交響曲として、ベルリオーズの幻想交響曲などと共に高く評価されています。

曲はフランス音楽の華やかさとは対照的で、きわめて鈍く渋い音色が多用されていることが特徴です。また、オルガン風の響きが多いために、オルガン用に編曲、演奏されています。

フランク:交響曲 ニ短調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
フランク:交響曲/ダンディ:フランス山人の歌による交響曲
シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30
怒りの調「ニ短調」の名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。