ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

ベートーヴェンの「英雄」は、ベートーヴェンが作曲した3番目の交響曲で、ベートーヴェン34歳の1804年に完成されました。

イタリア語の原題に由来する「エロイカ」の名で呼ばれることも多くベートーヴェンの最も重要な作品のひとつです。

この「英雄」の副題はフランス革命後の世界情勢の中、革命的英雄のナポレオンへの共感から、ナポレオンにささげる曲として作曲されました。

しかし、完成後まもなくナポレオンが皇帝に即位したという知らせを聞いたベートーヴェンが、「彼もまた俗人であったか」と激怒し、献呈辞が書いてある表紙を破り、楽譜を床にたたきつけたという、有名なエピソードがあります。

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を買う


😀 オススメCD
ベートーヴェン:交響曲第3番
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。