オッフェンバック:「天国と地獄」序曲

オッフェンバックは1819年生まれのドイツ出身の作曲家です。オペレッタ「天国と地獄」(原題は「地獄のオルフェ」)は、日本では1914年に帝劇で初演されて以来、大変よく知られています。オペレッタ「天国と地獄」はどのシーンも美しいメロディがいっぱいのお洒脱なオペレッタですが、中でも序曲(第3部)は特に有名です。

この序曲は、劇中では終盤の地獄での全員での乱痴気騒ぎのシーンに使われているカンカン(地獄のギャロップ)です。この誰もが走り出したくなるような音楽は、運動会のBGMやカステラの文明堂のCMでよく知られ、クラシック音楽の中でも非常に有名な曲の一つです。

オッフェンバック:「天国と地獄」序曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
天国と地獄序曲/オペラ名管弦楽曲集
オムニバス


😯 関連リンク
運動会でよく使われるクラシック曲




 




コメントは受け付けていません。