レハール:ワルツ「金と銀」

フランツ・レハールは1870年生まれのハンガリー出身の作曲家です。オペレッタ「メリー・ウィドウ」でその名前がよく知られています。「金と銀」は独立した管弦楽用ワルツとして作曲されたもので、今日では代表的なウィンナ・ワルツとしてよく演奏されています。

「金と銀」は舞踏会のために作曲されました。題名の「金と銀」とはその舞踏会のテーマで、会場は銀色に照らされ、天井には金色の星がきらめき、壁一面に金銀の飾りが付けられ、参加者も金銀に彩られた装飾の服をまとっていたと伝えられています。

「金と銀」は、以前は小学校の音楽の教科書に鑑賞用の曲として入っていましたのでよく知られている曲です。その名のとおり優雅なメロディが魅力のワルツです。

レハール:金と銀

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
金と銀~メルヘン・ワルツ・パーティ
ボストン・ポップス管弦楽団



 




コメントは受け付けていません。