モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」はモーツァルトの最後の交響曲です。この交響曲はモーツァルト32歳の1788年8月10日にウィーンで完成されました。

同年6月26日に作曲された交響曲第39番、7月25日に作曲された交響曲第40番とともに「3大交響曲」とも呼ばれています。

わずか2ヶ月間という驚くべき短期間で、性格の違う3つの交響曲を一気に書き上げたことは、モーツァルトの天才ぶりをよく表わしています。

ローマ神話の神ジュピターにちなんだこの副題の「ジュピター」は当時のヴァイオリン奏者でプロデューサーでもあったザロモンにより名付けられました。

モーツァルト:交響曲第41番 「ジュピター」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:交響曲第40番&第41番
カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

JAZZで聴く モーツァルト
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




コメントは受け付けていません。