グリーグの名曲ベスト

エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ
Edvard Hagerup Grieg(1843- 1907)
グリーグ

ピアノ協奏曲

このピアノ協奏曲イ短調作品16はグリーグの唯一の協奏曲です。数あるピアノ協奏曲の中でも大変に人気の高い曲です。また組曲「ペール・ギュント」とともにグリーグの代表作として演奏会でよく取り上げられる曲です。


組曲「ペール・ギュント」より”朝”

組曲「ペール・ギュント」はどの曲もノルウェーの民族音楽を感じさせる美しいメロディの名曲ぞろいなのですが、その中でも特に「朝」(朝の気分)、「山の魔王の宮殿にて」、「ソルヴェイグの歌」はよく知られています。


組曲「ペール・ギュント」より“ソルヴェイグの歌”

「ペール・ギュント」作品23は、どの曲もノルウェーの民族音楽を感じさせる美しいメロディの名曲ぞろいなのですが、その中でも特に「朝」(朝の気分)、「山の魔王の宮殿にて」、「ソルヴェイグの歌」はよく知られています。


組曲「ホルベアの時代から」(ホルベルク組曲)

組曲「ホルベアの時代から」は全5曲から構成されていますが、中でも第1曲の「前奏曲」がよく演奏されます。爽快なリズムの中にグリーグの繊細さとダイナミックさを感じる曲です。


トロルドハウゲンの婚礼の日

「抒情小曲集」の第8集の第6曲で、抒情小曲中でももっとも有名な曲です。婚礼儀式の様子を描いた作品で、明るく活気に満ちたリズムに結婚を祝う人々の歌や踊りが感じられます。



コメントは受け付けていません。