ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 「革命」より第4楽章

交響曲第5番ニ短調作品47は、ショスタコーヴィチが作曲した5番目の交響曲。15曲あるショスタコーヴィチの交響曲の中でも最も有名でかつ傑作と言われています。日本では「革命」の副題がついていますが、これはショスタコーヴィチ自身が命名したものではありません。

楽章中でも、苦難に対する勝利をうたい上げるような第4楽章は誰の心にも希望を与え、最後を飾る、勝ち誇ったようなファンファーレには感動させられます。

かつて、朝日放送で制作、放送されていたテレビドラマ「部長刑事」 ではこの曲の第4楽章の冒頭部分がオープニングテーマとして30年以上使われていました。

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 「革命」より第4楽章

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
ムラビンスキー指揮  レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30
近代・現代のクラシック名曲ベスト
怒りの調「ニ短調」の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。