モーツァルト:交響曲第25番 ト短調 K.183

モーツァルトは、生涯のうちに41曲の交響曲を作曲しましたが、そのうち短調の作品は、この第25番ト短調と、後期の大傑作の第40番ト短調の2曲のみです。

交響曲第25番ト短調は、第40番のト短調交響曲に対して、小ト短調とも呼ばれています。映画「アマデウス」の冒頭部分で使用され一躍有名になったこの曲は、モーツァルトがわずか17歳の時に作曲されました。

少年の作とは思えないほど暗い情熱と悲劇的な緊迫感を示す作品で、モーツァルトの作品の中でもひときわ異彩を放っています。

モーツァルト:交響曲第25番 ト短調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:交響曲第25番&第40番
ブルーノ・ワルター指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団



 




コメントは受け付けていません。