クライスラー:「愛の喜び」、「愛の悲しみ」

フリッツ・クライスラーはウィーン出身の超絶技巧で知られた世界的ヴァイオリニストです。この「愛の喜び」、「愛の悲しみ」、はクライスラーの代名詞的に広く知られる、ヴァイオリンとピアノのための小品です。

「愛の喜び」は文字通り喜びを表す晴れやかな作品で、「愛の悲しみ」は短調で悲しげな気分を描いています。2曲とも魅惑的なメロディでクライスラーの代表曲というだけではなく、ヴァイオリン曲の定番として世界中で愛されています。

「愛の喜び」と「愛の悲しみ」は対になって演奏会で取り上げられることが多く、これに「美しきロスマリン」を加えて3部作「ウィーン古典舞曲集」とされています。

クライスラー:愛の喜び

クライスラー:愛の悲しみ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る(愛の喜び)


😀 オススメCD
愛の喜び (クライスラー・ヴァイオリン名曲集
イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)


😯 関連リンク
アンコール曲の名曲ベスト(ヴァイオリン編)







コメントは受け付けていません。