サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

「序奏とロンド・カプリチオーソ」イ短調作品28は、サン=サーンスが1863年に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための作品です。ヴァイオリン協奏曲のような感じの曲になっていますが、事実、当初はヴァイオリン協奏曲第1番のフィナーレとして構想されていたようです。初演当時から評判もよく、サン=サーンスの最も人気のある作品の一つです。

この曲は名ヴァイオリニストのサラサーテのために書かれたため、スペイン出身のサラサーテにちなみスペイン風の雰囲気が溢れています。ヴァイオリンの技巧を披露するとともに美しいメロディがあふれている作品です

サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ツィゴイネルワイゼン~ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリン
ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)


😯 関連リンク
豊穣なワインの味・管弦楽曲ベスト30
「冬を感じる」クラシックの名曲ベスト




 

コメントは受け付けていません。