ラフマニノフの名曲ベスト

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ
Sergei Vasil’evich Rachmaninov(1873- 1943)
ラフマニノフ

ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18

ラフマニノフは1873年生まれのロシアのピアニスト、作曲家。ピアノ協奏曲第2番は、その屈指の美しさによって名声を得たラフマニノフの出世作です。また、クラシック音楽のなかでも最もポピュラーな作品の1つになっています。


交響曲第2番より第3楽章

交響曲第2番はラフマニノフならではのロマンティックな詩情が全編に溢れる最高傑作の一つで、特に第3楽章の叙情豊かなメロディの美しさは比類がなく、アダージョの名曲としてファンが多い。


ヴォカリーズ

ラフマニノフの歌曲「ヴォカリーズ」 嬰ハ短調は、ラフマニノフの歌曲の中でも最もよく知られている歌曲です。母音「アー」で歌われる溜め息のような旋律と、淡々と和音と対旋律とを奏でていくピアノの伴奏が印象的です。


前奏曲 嬰ハ短調 「鐘」

この曲はラフマニノフがモスクワ音楽院を卒業した翌年の19才のときに作曲され、ラフマニノフが一躍有名になった出世作の一つです。モスクワのクレムリン宮殿の荘厳な鐘の音にインスピレーションを得て作曲されたといわれています。


エレジー

エレジー 変ホ短調 作品3-1はラフマニノフの全5曲からなるピアノ独奏曲集「幻想的小品集」の第1曲。モスクワ音楽院で和声を学んだ師であるアントン・アレンスキーに献呈されました。


パガニーニの主題による狂詩曲より”第18変奏”

ピアノ協奏曲のスタイルで作曲され、パガニーニの「24の奇想曲」から第24番の主題をもとに、主題と24の変奏からなる壮大な変奏曲になっています。


舟歌

「舟歌」はラフマニノフが20歳のとき(1893年)に作曲した、2台のピアノのための組曲第1番「幻想的絵画」の第1楽章につけられているタイトルです。


イタリアン・ポルカ

セルゲイ・ラフマニノフは1873年生まれのロシアの作曲家。「イタリアン・ポルカ」は4手のピアノ連弾用に書かれた軽快なポルカです。




コメントは受け付けていません。