フォーレの名曲ベスト

ガブリエル・ユルバン・フォーレ
Gabriel Urbain Fauré(1845- 1924)
フォーレ

レクイエム

フォーレのレクイエムニ短調 作品48はレクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏の機会が多い曲です。モーツァルト、ヴェルディのレクイエムとともに「三大レクイエム」の一つに数えられています。


夢のあとに

フォーレの作品の中では「レクイエム」と並んで、最も知られている曲です。パブロ・カザルスがチェロ独奏に編曲してからチェロの小品としても親しまれています。また、ヴァイオリンやフルートなど、さまざまな独奏楽器のためのピースとして愛好されています。


シシリエンヌ 作品78

ガブリエル・ユルバン・フォーレは1845年生まれのフランスの作曲家です。このフォーレのシシリエンヌはそのメロディの美しさから、さまざまな楽器に編曲されていますが、チェロ以外ではフルートとピアノの組み合わせでよく演奏されます。


パヴァーヌ

パヴァーヌ作品50は、ガブリエル・フォーレが作曲した管弦楽と合唱の作品です。管弦楽のみで演奏されることも多く、「レクイエム」と並んでフォーレの代表曲の一つです。演奏時間は6分程度。


組曲「ドリー」より“子守歌”

フォーレは1845年生まれのフランスの作曲家。「子守歌」はフォーレが作曲したピアノ連弾のための6曲からなる組曲「ドリー」の第1曲の子守歌です。中でもこの「子守歌」と第6曲の「スペインの踊り」がよく知られています。


舟歌より” 第1番”

ピアニストのマルグリット・ロンは、この曲について「心に幾度となく浮かんでは消える波の歌を、そして海原の力強い歌を歌う」と述べています。


舟歌より”第2番”

舟歌は、ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来する曲です。フォーレの舟歌は、1845年~1924年に作曲された全13曲のピアノ曲があり、一番よく知られているのがこの第2番 ト長調です。


エレジー

原題はチェロと管弦楽のためのエレジー ハ短調 作品24で、ガブリエル・フォーレが1880年に作曲したチェロと管弦楽、またはチェロとピアノのための作品。






コメントは受け付けていません。