モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467

ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467はモーツァルトが1785年に作曲したピアノ協奏曲です。モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも第20番と並んで、絶頂期にあったモーツァルトの人気の高いピアノ協奏曲のひとつです。

ピアノ協奏曲第21番はピアノ協奏曲第20番の完成したわずか一ヵ月後に、やはり自分が独奏を担当する予約演奏会のために作曲されました。第20番のニ短調のほの暗さから一転して、この曲はハ長調で書かれており、ニ短調の第20番とは対照的に明るい響きをもっています。

また、甘美で清澄な第2楽章はスウェーデン映画「みじかくも美しく燃え」に使われました。このため、この映画の原題となった主人公の女性綱渡り師の名をとって、「エルヴィラ・マディガン」と副題をつけて呼ばれることもあります。

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番より”第2楽章”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番&第27番
ダニエル・バレンボイム(ピアノ)


😯 関連リンク
2倍楽しめる・協奏曲ベスト30
アダージョの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。