グノー/バッハ:グノーのアヴェ・マリア

「グノーのアヴェ・マリア」は、1859年にシャルル・グノーがJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」の「前奏曲第1番ハ長調」を伴奏にして、ラテン語の「アヴェ・マリア」の歌詞と旋律をつけて完成させた声楽曲です。

19世紀のフランスの歌曲としては、しばしば演奏されており、録音される機会も多い曲です。また、チェロやヴァイオリンとピアノのための曲としても編曲されて演奏されています。

一般には「グノーのアヴェ・マリア」と呼ばれ、「シューベルトのアヴェ・マリア」、「カッチーニのアヴェ・マリア」と並んで3大アヴェ・マリアのひとつとして広く親しまれています。

グノー/バッハ:グノーのアヴェ・マリア

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
アヴェ・マリア
キャスリーン・バトル(ソプラノ)


😯 関連リンク
心に響く・声楽曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。