カール・オルフ:カルミナ・ブラーナ

カール・オルフは生まれのドイツの作曲家。カール・オルフはこの「カルミナ・ブラーナ」によって全世界にその名前を知られるようになりました。

「カルミナ・ブラーナ」はカンタータ(器楽伴奏付きの声楽の曲)という音楽形式で、混声合唱、少年合唱、ソプラノ・テノール・バリトンのソリスト、大規模なオーケストラという大きな編成です。

この曲は、冒頭の部分が特に有名で、そのシンプルな和音と強烈なリズムが力強さにあふれていることから、格闘技などの選手の入場曲として、ヨーロッパではサッカーの試合で選手入場時によく使用されています。

カール・オルフ:カルミナ・ブラーナ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
オルフ:カルミナ・ブラーナ
小澤征爾指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
1曲だけの大作曲家
心が洗われる・宗教曲ベスト20
心に響く・声楽曲ベスト30
近代・現代のクラシック名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。