イヴァノヴィチ:ドナウ河のさざなみ

イヴァノヴィチは1845年生まれのルーマニアの作曲家、指揮者です。イヴァノヴィチはワルツや行進曲など約350曲の作品を残しています。そのほとんどは忘れられていますが、1880年に作曲したワルツ「ドナウ川のさざなみ」のみが大変よく知られています。

「ドナウ川のさざなみ」は、その感傷的でロマンチックな旋律が日本人の心に合っているのでしょうか、「月は霞む春の夜」という歌詞がつけられて歌われるほど日本では人気があります。また、近鉄名古屋駅において特急電車の発車メロディとしても使用されています。

イヴァノヴィチ:ドナウ河のさざなみ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
世界のワルツ集
ロベルト・シュトルツ指揮 ベルリン交響楽団


😯 関連リンク
1曲だけの大作曲家




 




コメントは受け付けていません。