マスネ:タイスの瞑想曲

マスネはオペラでよく知られるフランスの作曲家です。この「タイスの瞑想曲」は、マスネが作曲した歌劇「タイス」の中の間奏曲です。原曲はオーケストラとヴァイオリンにコーラスの構成ですが、現在はヴァイオリン独奏曲としてよく知られています。

ヴァイオリン独奏曲として、コンサートや発表会でよく弾かれる大変メロディックな美しい曲で、ノスタルジックなせつない魅力のある珠玉の小品です。

歌劇「タイス」は、娼婦の「タイス」と修道士「アタナエル」が繰り広げる破天荒な恋物語ですが、この 「瞑想曲」のメロディは、間奏曲の後もたびたび登場し、オペラのテーマでもある「聖」と「俗」の葛藤を描く際の象徴的な音楽になっています。

マスネ:タイスの瞑想曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
チゴイネルワイゼン&タイスの瞑想曲
イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)

JAZZで聴く・・・アダージョ
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
赤ちゃんのおやすみのクラシック
BGMに最適なクラシック
やすらぎと癒しのクラシック
ヴァイオリンの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。