ウェーバー:舞踏への勧誘

「舞踏への勧誘」は、ウェーバーが1819年に作曲したピアノ曲です。ウェーバーの最も有名な曲の一つです。その後、ウェーバーを崇拝していたベルリオーズ編曲が管弦楽に編曲し、後世に残る名曲に仕立て上げました。

「舞踏への勧誘」はオペラ歌手であった妻カロリーネのために作曲されました。ウェーバーが彼女に弾いて聴かせた際には、彼女によって「舞踏会で淑女に手を差し伸べる紳士と、しりごみしながらも紳士の誘いを受ける淑女との間で交わされる軽い会話」との書き込みが残されています。

ベニー・グッドマン楽団のスウィング・ジャズの演奏で知られる「レッツ・ダンス」は、1935年に「舞踏への勧誘」を原曲として作曲されています。

ウェーバー:舞踏への勧誘

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団



 

コメントは受け付けていません。