ショパン:ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2 

ショパンの「ワルツ第7番嬰ハ短調作品64-2」は、ショパンの生存中に出版された最後のワルツで、標題はついていませんが、ショパンのワルツの中で最も優れた作品の一つです。

主題にマズルカが採用されるなど、ショパンの作曲技術の集大成ともいえる作品で、ショパンの晩年の心境がにじみ出る、華やかでありながら憂いに満ちた美しい曲です。4分の3拍子で変則的なロンド形式。

ショパンのワルツは実際の舞踊とはかけ離れ、演奏のみが目的となっています。シューマンに「もしワルツに合わせて踊るのであればその相手は貴婦人でなければならない」と評されています。

ショパン:ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:ワルツ
中村紘子(ピアノ)


😀 浅田真央DVD
浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]
浅田真央







コメントは受け付けていません。