シューマン:花の曲 作品19

花の曲作品19は「アラベスク」や「フモレスケ」と同時期の1839年に作曲されました。この曲はウィーンのビーダーマイヤーの画家たちが好んで描いた花たちを題材とした叙情的な作品になっています。

シューマン自身がローマ数字で番号をつけた5つの楽想の連結によって成っています。文学と音楽の融合に力を入れたシューマンならではのロマンティックな作品で、アンコールピースとしても人気の高い曲です。

シューマン:花の曲 作品19

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
花の曲~シューマン:ピアノ小品集
リヒテル(ピアノ)


😯 関連リンク
「春を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。