メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調「イタリア」 作品90

交響曲第4番「イタリア」はメンデルスゾーンの5つの交響曲のうち、第3番「スコットランド」と並んでよく知られている曲です。

メンデルスゾーンは1830年10月から翌1831年4月にかけて、イタリアに旅行し、この交響曲はこのローマ滞在中に書き始められました。

この曲は「イタリア」と副題が付いているように、イタリアの風物から受けた印象をもとにして作られた大変に明るい曲で、メンデルスゾーン独特の優雅で抒情的な気分に溢れています。

メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
メンデルスゾーン : 交響曲第3番「スコットランド」&第4番「イタリア」
クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


😯 関連リンク
「春を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。