ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13「悲愴」

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「大ソナタ悲愴」は第14番の「月光」、第23番の「熱情」と合わせてベートーヴェンの3大ピアノ・ソナタともいわれている初期の代表作です。

特に第2楽章の冒頭部分の叙情的なメロディは、テレビCMや歌詞をつけて歌われているほど(ビリージョエル、大竹しのぶ etc)ポピュラーになっています。

また、この曲はそれまでのピアノ曲とは異なり、人間的な感情の表現が豊かになっている点で、ロマン派音楽の原点とも言える作品です。

ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13「悲愴」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番&第14番&第23番
ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ)

😀 JAZZで聴くベートーヴェン
JAZZで聴く ベートーヴェン
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30
「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。