メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調 作品56「スコットランド」

交響曲第3番イ短調「スコットランド」はメンデルスゾーンが1830年から1842年にかけて作曲した、メンデルスゾーンの最後の交響曲です。

「スコットランド」という標題は、メンデルスゾーンがこの曲を着想したのがスコットランドの旅行中だったことによると言われています。

この交響曲はロマン派音楽の交響曲として代表的な存在であり、メンデルスゾーンの交響曲の中でも最も人気があり数多く演奏されています。

メンデルスゾーンの旋律の美しさ、詩的な幻想の豊かさがこの曲の大きな魅力となっています。

メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
メンデルスゾーン : 交響曲第3番「スコットランド」&第4番「イタリア」
クルト・マズア指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


😯 関連リンク
「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。