ショパン:バラード第4番 ヘ短調 作品52

バラードとは、元来は声楽曲に用いられた形式の1つで、一般には「譚詩曲」と訳されています。ショパンは生涯で4曲のバラードを作曲しました。バラードは基本的に3拍子系で、4曲ともに極めてドラマティックでショパンの傑作に数えられる作品です。

バラード第4番は1842年、ショパン32歳の時の作品で、この時期は、英雄ポロネーズ作品53やスケルツォ第4番作品54などの大規模な傑作を次々に生み出し、創作面では絶頂期を迎えています。

バラード第4番は名曲揃いのバラードの中でも特に優れていて、ショパンの作曲技法が尽くされており、円熟期の最高傑作の1つとされています。全曲に登場する哀愁に満ちた旋律は、さりげない部分でも感覚的に大変高度な演奏技術を要求される作品でもあります。

ショパン:バラード第4番 ヘ短調 作品52

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:バラード&スケルツォ(全曲)ポリーニ
マウリチオ・ポリーニ(ピアノ)


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。