ショパン:バラード第1番 ト短調 作品23

バラードとは、元来は声楽曲に用いられた形式の1つで、一般には「譚詩曲」と訳されています。ショパンは生涯で4曲のバラードを作曲しました。バラードは基本的に3拍子系で、4曲ともに極めてドラマティックでショパンの傑作に数えられる作品です。

このバラード第1番は、パリ滞在中の1831年から1835年に作曲され、シュトックハウゼン男爵に献呈されています。シューマンはこの曲を「ショパンの曲の中で最も好きだ」と語っています。

バラード第1番はバラード第4番と並んで人気の高い作品です。いきなり低音がドーンと鳴り響き、オクターブで謎めいた旋律を奏でます。この大変印象的な第1主題でこの曲の虜になってしまう人も多いと思います。曲はショパンの粋なピアニズムがふんだんに盛り込まれています。

ショパン:バラード第1番 ト短調

ショパン:バラード第1番 ト短調(浅田真央バージョン)

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:バラード&スケルツォ(全曲)ポリーニ
マウリチオ・ポリーニ(ピアノ)


😀 浅田真央DVD
浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]
浅田真央

😀 JAZZで聴くショパン
JAZZで聴く ショパン
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30







コメントは受け付けていません。