リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行

「熊蜂の飛行」は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲で、「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳されています。

この曲はリムスキー=コルサコフの歌劇「サルタン皇帝」の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われている曲です。今では「サルタン皇帝」はほとんど上演されませんが、この曲だけは熊蜂の羽音を模したユニークな曲として広く知られています。

原曲は弦楽器が大活躍する音楽ですが、演奏者のテクニックを見せる曲として、様々な楽器に編曲されて演奏されています。ピアノ、ヴァイオリン、トランペット、マリンバ、ギター等々、また、トロンボーンやチューバで演奏されたこともあります。

リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ペルシャの市場にて ~珠玉のオーケストラ名曲I
ボストン・ポップス・オーケストラ


😯 関連リンク
マリンバの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。