カバレフスキー:組曲「道化師」より“道化師のギャロップ”

組曲「道化師」はカバレフスキーが1939年に作曲した全10曲からなる管弦楽曲です。カバレフスキーの作品中で最も有名なもので、特に第2曲の「ギャロップ(道化師のギャロップ)」は単独で演奏されることが多いよく知られた曲です。10曲で演奏時間は約16分。

この「道化師」のギャロップは運動会の徒競走などの時によく使われるお馴染みの曲です。クシコス・ポストと並んで、思わず走り出したくなるような楽しい曲です。

「ギャロップ」とは馬術における全速力の指示を表し、日本語では襲歩(しゅうほ)とも呼ばれます。テンポの早い曲の音楽用語としても使われています。

カバレフスキー:道化師のギャロップ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
カバレフスキー : 組曲「道化師」 | チャイコフスキー : バレエ組曲「くるみ割り人形」 | ハチャトゥリヤン : バレエ組曲「ガイーヌ」 他 / エフレム・クルツ (Kabalevsky, Tchaikovsky, Khachaturyan, Prokofiev, Barber / Efrem Kurtz | NHK Symphony Orchestra, TOKYO) [CD] [日本語帯・解説付]


😯 関連リンク
運動会でよく使われるクラシック曲
マリンバの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。